top of page
  • 藤崎町 移住支援担当

令和5年6月24日(土) 朝野球大会 10戦目!!

 令和5年6月24日(土) 朝野球大会 10戦目が行われました。今日は、「アントルメサトウ野球団」×「花形モータース」の試合です。


【写真:雲に覆われた野球場】


◇両チームのオーダー表


 今日は、アントルメサトウ野球団の先攻です。先頭バッターがヒットで出塁するも無得点。その裏、花形モータースは、フォアボール等で出塁すると立て続けのヒットでいきなり4点を得点。1回でまさかの4点差となりました。

【写真:花形モータースのホームイン】


 2回の表、アントルメサトウ野球団は、1本のヒットが出るも得点ならず。その裏、花形モータースは、1番打者の三上さんが3塁打を放ち1点を追加しました。


 3回の表、アントルメサトウ野球団はヒットが出るも、やはり無得点。花形モータースは3本の2塁打でさらに3点を追加しました。ここで8点差となり、アントルメサトウ野球団は苦しい局面を迎えます。


【写真:アントルメサトウ野球団のホームイン】

 4回の表、なんとしても点を返したいアントルメサトウ野球団、先頭バッターの3番打者須藤さんに待望のレフト越え2塁打が生まれると、次のバッターがヒットで繋ぎ1点を返します。惜しかったのがそのあと、6―4―3のダブルプレイとなり、チェンジアウトで追加点ならず。


【写真:アントルメサトウ野球団の守備】

 4回の裏、花形モータースはヒットにより1点を追加します。その後は、ピッチャーフライで2アウトとなり、さらにサードへの鋭いライナーがありましたが、ここはアントルメサトウ野球団がきっちりいい守備を見せました。

 8点を追う形で5回を迎えたアントルメサトウ野球団。後がありません。先頭バッターは三振に倒れます。続く打者のバックネット方向への難しいファールを花形モータースのキャッチャー、野呂選手の素晴らしい捕球で2アウト。次の打者もファーストフライで3者凡退となり、追加得点を挙げることができませんでした。


◇試合結果 

結果は「 アントルメサトウ野球団 1 × 9✖ 花形モータース 」でした。



【写真:本日の勝者:花形モータースの皆さん】


◇本日のヒーロー

【写真:花形モータース 三上さん】

 帰宅を急ぐ三上さんに無理を言ってを何とか撮影。(ご協力、ありがとうございました)初回では、フォアボールを選び、2回の裏でセンター越えの3塁打を放ちました。そして、3回の裏でもヒットを打ち大活躍でした。


【写真:花形モータース】

 アントルメサトウ野球団の打線を押さえたのは、今大会初登板の三浦 聖永さん(写真右側)です。三浦選手は、前回の試合でヒーローになったライトの三浦理聖さん(写真左)と双子だそうです。兄弟そろって大活躍ですね。今後の試合がますます楽しみです。


【写真:アントルメサトウ野球団の佐藤さん】

 今大会初登板となった佐藤和真(さとう かずま)さん23歳をご紹介します。3回の裏からマウンドに上がった佐藤さんは「試合には負けたけど、久しぶりの登板で楽しかった。」と話してくれました。今後の活躍に期待が膨らみます。

両チームの皆様、本日もお疲れ様でした。


取材日:令和5年6月24日(土)

執筆者:移住定住コーディネーター 桜庭 幸子

閲覧数:86回

Comentarios


記事: Blog2 Post
bottom of page