top of page
  • 藤崎町 移住支援担当

令和5年8月11日(金)【ながしこ合同運行】が開催されました!! 

更新日:2023年8月21日

 昨日に引き続き猛暑となったこの日、10時から「ながしこ合同運行」が始まりました。


「ながしこ」は藤崎町の独特な七夕祭りです。他の地域の山車の上には人形や張り子などが載っていますが、「ながしこ」は、人間がポーズを取って台車に上がる「生き人形」が特徴で、全国的にも稀なものです。最初の「ながしこ」は、大正12年(1923年)ということで、なんと100年前にさかのぼります。近年はコロナ禍や大雨で中止となっていたため、今年は4年ぶりの開催となりました。


本部テントには、町長を初め副町長、教育委員会教育長など町の顔とも言える方々が列席しています。

 

 最初に「ながしこ盛り上げ隊」の代表者による開会のあいさつが行われ、さっそく町の無形文化財である「菊様の舞・松助踊りが披露されました。

 続いて、藤崎幼稚園・藤崎保育所の園児による遊戯が披露されました。お揃いの法被で踊る「ジャンボリミッキー!」はとてもかわいいですね。

 そして、いよいよ「山車運行」です。4年前は、山車の数がもっと多かったのですが、今年は3台とちょっと寂しい感じですね。




 最後は、ふじの会・ながしこ盛り上げ隊が「新ふじさき音頭」に合わせて手踊りを披露。

 全国でも珍しい「生き人形」のお祭り。伝統郷土芸能の技能を絶やすことなく. 後世へ継承していきたいですね。


取材日:令和5年8月11日(金)

執筆者:移住定住コーディネーター 桜庭

閲覧数:55回

Комментарии


記事: Blog2 Post
bottom of page