top of page
  • 藤崎町 移住支援担当

朝野球大会 7戦目!!

 令和5年6月10日(土)、朝野球大会の7戦目が行われました。

7戦目は、「アントルメサトウ野球団」×「カシワーズ」の試合です。家を出る時に小雨が落ちてきたので心配しましたが、球場についた時には雨も止んで試合開始です。岩木山が全然見えなかったけど。。。


【写真:試合進行チームの皆さん】

 写真は、本日の球審、累審、ボールボーイなどを担当してくださる皆さんです。試合進行は、各チームからの担当者でローテーションが組まれています。今日もよろしくお願いします。


◇両チームのオーダー表

【試合開始】

 試合は、カシワーズの先攻で始まりました。1回の表、3番打者にライト前ヒットが出るも得点ならず。その裏、アントルメサトウ野球団の3番打者に3塁打が生まれ、得点のチャンスとなりましたが、3塁ベースでピッチャーの見事な牽制球でアウトとなり、やはり得点ならず。


【写真:あれっ!!】

 一瞬、キャッチャーが2人いるのかと錯覚しました。球審がキャッチャーと同じ体制です!! この体制の方が、よく見えるのでしょうか?今日は、このことについてお話を聞くチャンスを逃しましたが、またの機会に是非お聞きしてみたいと思います。


【3回で得点動く!!】

 その後、2回は両チームともに得点を入れることができません。3回の表、カシワーズの先頭バッター8番の二遊間へのヒット、3番打者の左中間を抜ける2塁打により2点を得点します。2点を追いかける立場となったアントルメサトウ野球団は、フォアボールとデッドボールでランナーを1,2塁としたところで、4番バッターを迎えました。バッターの須藤さんは、見事に期待に応えライト越えの2塁打で1点を返します。


【2対1で迎えた4回も得点は動かず】

 4回は、両チームとも3者凡退です。両チームとも、ナイス守備!!


【写真:5回裏、アントルメサトウ野球団の攻撃】  5回表、カシワーズの得点なし。1点を追う形で迎えた5回の裏、アントルメサトウ野球団の攻撃です。この回、カシワーズのフォアオール、デッドボールにも助けられ、まさかの6点を追加。


【写真:5回裏の終盤、カシワーズのサウスポー登場】

 5回の裏、2アウトで登場したサウスポーのピッチャー。最後は、キャッチャーフライに打ち取りました。6回の表、カシワーズが得点できなかったため、残り時間5分となったところで試合終了です。


【試合結果】 

 結果は「アントルメサトウ野球団 7-2 カシワーズ」でした。今大会初めて6回戦まで行われた試合でした。


【写真:アントルメサトウ野球団のヒーロー】

 本日のヒーローは3塁打を放ったショートで3番打者の三上(写真左)さんとピッチャーの久保田(写真右)さんです。ピッチャーの久保田さんは、途中からの登板でしたが、投球ごとに気合の入った声を発していたのが印象的でした。4,5回で4奪三振で無得点に抑え、見事な投球をみせてくれました。


【写真:カシワーズのヒーロー】

 カシワーズのヒーローは、サードを守る3番打者の野呂さん(25才)さんです。得点には絡まなかったものの1回ではライト前ヒット、3回の表では、左中間を抜ける見事な2塁打を放ち、打点2をあげました。

両チームの皆さん、本日もお疲れ様でした。


【これまでの対戦結果】

 各チームの試合数にバラツキはあるものの、「アントルメサトウ野球団」と「花形モータース」がともに2勝で1歩リードというところでしょうか?これからも楽しみにしています。

取材日:令和5年6月10日(土)

執筆者:移住定住コーディネーター 桜庭 幸子

閲覧数:161回

Comments


記事: Blog2 Post
bottom of page