top of page
  • 藤崎町 移住支援担当

6/23(日) ミニミニスポーツフェスティバルが開催されました!

令和6年4月23日にオープンした「ふじさき産業文化交流施設(リンゴカ)」の隣にある「全天候型屋内グラウンド」にてミニミニスポーツフェスティバルが開催されました!


【お迎え準備中】

朝8時30分にリンゴカに到着。リンゴカの前では、屋内ファームで栽培された「生きくらげ」を始め、「ヒバチップ」「飲み物」や「軽食」等の販売準備中!!

取れたての「生きくらげ」は、人気間違いなし。


【ふわふわドームで元気いっぱい】

まだ、朝8時半だというのに、ふわふわドームで元気いっぱいに飛び跳ねてる子供たち。触ってみたら柔らかくて気持ちよさそうでした。


【全天候型屋内グラウンド】

ふわふわドームを通り過ぎ、全天候型屋内グラウンドに向かいます。


【モルックとは】

全天候型屋内グラウンドに入ると、すでに何かが始まっていました。筆者が初めて目にする木製のピンに向かって、これまた木の棒を投げているではありませんか。これは、フィンランドで開発されたスポーツで、 地面に立て並べられた複数の木のピンをめがけて、モルックという木の棒を投げ、獲得した点数を競います。小さな子供から大人まで楽しめる気軽なスポーツですね。ただし、倒れたピンの数だけでなく、ピンに書かれた数字が点数に絡んでくるので、頭を使うスポーツです。

 

【緊張しながらの1投目】


【順番を待つ子どもたち】

 

【ビームピストル・ビームライフル】

そのお隣では、ビームピストルやビームライフルを楽しむ人たちが。そして、ひときわカッコいい構えの人がいたので聞いてみました。「経験者ですか?」「いえ、柴田学園高等学校射撃部の部員です」という答えが。そう、今回のイベントの協力をして頂いている方でした。さすがですね。

 

【嬉しそうな子どもたち】

さらにその奥では、ミニフットサルが行われています。今日は、ラインメール青森フットボールクラブの選手たちと、一緒にプレーできるフットサル体験会です。最初に選手を交えたチーム編成が行われ、順番に試合を進めていきます。ゴールは、ラインメールの選手が守っていましたが、見事にシュートを決める子もいてびっくりです。

 




編集後記:ここ藤崎町は、冬になると外のグラウンドは雪が積もって使用できません。この全天候型屋内グラウンドは、冬場にグラウンド練習したい人には、とてもありがたいですね。1年中大活躍しそうです。

  

掲載日:令和6623日(日)

執筆者:移住定住コーディネーター 桜庭 幸子

閲覧数:38回

Comments


記事: Blog2 Post
bottom of page