top of page
  • 藤崎町 移住支援担当

6月16日(日) みんなでDIY!やぐらづくりワークショップが開催されました。

更新日:6月19日

遊べるりんご園「わんどおらんど」で、藤崎町地域おこし協力隊とふじさきAppleアミューズメントの共催による「やぐらづくりワークショップ」が開催されました。


【DIY前のやぐら】

 

参加者は、514人。板柳町、黒石市、平川市からもご参加頂きました。

園地オーナーの吉田さんから「ケガをしないように気を付けて楽しみましょう」の挨拶で、スタート。

 

まずは、「やぐらづくり」と「りんごの枝を使ったフォトフレームづくり」チームに分かれます。


【ピザ窯の火入れをする大和田隊員】

この時、地域おこし協力隊の大和田隊員は、ピザ釜の火入れを始めていました。

27度という気温での火入れはものすごく暑そうですが、風が強い日よりは楽だそうです。

  

【棚の位置を仮決め】

 やぐらづくりのチームは、新しい棚の位置決めから始まりました。皆で枠組みを持ち上げると「この辺でいい?」とオーナーから問いかけが。少しずつ位置を調整しながら、設置場所が決定。

 

【板の配置】

 次に、板を打ち付ける間隔をきめて、穴あけの場所に目印となるテープを貼っていきます。


【園地オーナーの吉田さんによるレクチャー】

子どもたちは、園地オーナーの吉田さんから、穴開けとねじ止めをするのに、電動ドリルの使い方を教えてもらいます。

初めてなのに、すごく上手に電動ドリルを使いこなしています。


その後は、子どもたちだけで「穴あけ」「ねじの仮置き」「ねじ止め」「テープはがし」などの担当を決めて、上手に流れ作業をしていたのにびっくりです。チームワークもバッチりで、目標の10分間で全部終えることができました。


【最後のねじ止め】

女の子が大活躍。ついに最後の一本が終了。


 【完成した棚を設置】

出来上がった棚を皆で運び、支柱に止めるのを手伝います。

担当になったお子さんが水平器を見ながら、位置の指示を出します。


 【ついに完成】

無事に棚が一段追加されました。皆さん、お疲れ様でした~。


【りんごの枝を使ったフォトフレームづくり】

やぐらづくりが行われているお隣では、ちいちゃなお子さんたちがフォトフレームづくりを始めています。ボンドを上手に使いこなして、りんごの枝やお花などを装飾しています。

 

【私もできたよ】


【水鉄砲、楽しい】

一方、こちらでは水鉄砲遊び始まっています。


「お着換えないから、服にかけないでね。」と言いあいながらの水鉄砲。


【ビザづくり】

さらにその隣では、自分の食べたい具をピザ生地にトッピングしています。こどもって発想豊ですね。


【完成記念写真】

 できた~。完成したやぐらに登って記念写真。


 編集後記:今日は、子どもたちの元気な姿をたくさん見ることができました。汗を一杯かきながら、暑さをものともせず遊んでいる子供たちは、見ているだけで幸せになりますね。やぐらも完成したので、もっとたくさんの方に遊びにきて欲しいですね。

 

掲載日:令和6616日(日)

執筆者:移住定住コーディネーター 桜庭 幸子

閲覧数:68回

最新記事

すべて表示

Comentarios


記事: Blog2 Post
bottom of page